SHIGERU SHIMAMOTO嶋本薫

 

shimamoto01
Professor
Shigeru Shimamoto
D.Engineering (Tohoku University)
Theme
Around the access method in a wireless communication, stationary / low-orbit satellite communications, stratospheric aircraft systems, mobile communications, optical wireless communication, multilateral be carried out research on the human body communication and the like. In addition, the aim multiple access scheme, modulation and demodulation method, establishment of elemental technologies of antenna control and the like, the construction of applied technology fused.
Subjects
  • Wireless Communication
  • Satellite Telecommunication
  • Low Orbit Satellite System
  • Stratospheric Aircraft Communication System
  • Air to Ground Communication
  • UAV(Unmanned Aerial Vehicle) Based Wide Area Sensor Network
  • Multiples Access System
  • Modulation/Demodulation
  • Mobile Communication
  • Optical Wireless Communication
  • Next Generation ITS
  • Soft Ware Defined Radio
  • Cognitive Radio
  • Green Radio
  • Ad-Hoc Wireless Network
  • UWB (Ultra Wide Band)
  • Body Area Network
Project
Wireless Communication and Satellite Communication
Message
It is possible to study with both positive-ness and thoughtfulness without knowledge of special subjects. Let us begin brand-new studies with learning special/basic subjects and learning methods for investigations.
Email
Screen Shot 2014-07-26 at 1.13.49 PM
 
-Professor Experience-
Apr.1987 – Mar.1991 NEC Corporation, JAPAN
Apr.1991 – Sept.1992 University of Electro-Communications, JAPAN, Assistant Prof.
Oct.1992 – Dec.1993 GUNMA University, JAPAN, Assistant Prof.
Jan.1994 – Mar.2000 GUNMA University, JAPAN, Associate Prof.
Apr.2000 – Mar.2002 Waseda University, JAPAN, Associate Prof.
Apr.2002 – Waseda University, JAPAN, Prof.
July 2008- Dec 2008 Stanford University, USA, Visiting Prof.
Apr.2014- Waseda University, JAPAN, Department of Communications and Computer Engineering Prof.
Mar.2016- JAXA adviser
2017- Japan Society for Simulation Technology director
 
 

 

 

shimamoto01
教授
嶋本 薫 Shigeru Shimamoto工学博士(東北大学)
研究テーマ
無線通信におけるアクセス方式を中心に、静止/低軌道衛星通信、成層圏飛翔体システム、移動体通信、光無線通信、人体通信等に関する研究を多角的に行なう。また、多元接続方式、変復調方式、アンテナ制御等の要素技術の確立と、融合させた応用技術の構築を目指す。
研究分野
  • 無線通信方式
  • 衛星通信方式
  • 低軌道衛星システム, 準天頂衛星通信システム、小型衛星通信システム
  • 成層圏飛翔体システム
  • 無人機UAV(Unmanned Aerial Vehicle)を用いた広域網
  • 多元アクセス方式
  • 変復調方式
  • 超音波通信
  • 光無線通信、光多元アクセス、光移動体通信
  • 人体通信、指認識、掌認識、形状認識
  • ソフトウエア無線
  • アドホックネットワーク
  • コーポレーティブネットワーク
  • Cognitive Radio
  • Green Radio
  • 次世代ITSシステム
  • モバイルヘルスケア
  • センサーネットワーク
  • HF広域通信網
プロジェクト
無線・衛星通信研究
メッセージ
やる気と思考力があれば、専門的な知識が乏しくても研究することは可能だと思います。関連する専門/基礎知識や研究方法を学びながら研究を行い、更に新たな発想を導入して従来には無いユニークな視点での研究を行いましょう。
連絡先
Screen Shot 2014-07-26 at 1.13.49 PM
 
-経歴-
昭和60年3月 電気通信大学電気通信学部通信工学科卒業
昭和62年3月 電気通信大学大学院電気通信学研究科通信工学専攻修了
平成5年10月 博士(工学)東北大学
昭和62年4月‐平成3年3月 日本電気株式会社
平成3年4月‐平成4年9月 電気通信大学電気通信学部助手
平成4年10月‐平成5年12月 群馬大学工学部助手
平成6年1月‐平成12年3月 群馬大学工学部助教授
平成12年4月‐平成14年3月 早稲田大学大学院国際情報通信研究科 助教授
平成14年4月 早稲田大学大学院国際情報通信研究科 教授
平成20年7月-平成20年12月 米国Stanford大学 客員教授
平成26年4月 早稲田大学基幹理工学部情報通信学科教授
平成28年3月 JAXA研究アドバイザー
平成29年 日本シミュレーション学会理事
 

 

 

[:en]Shimamoto Lab[:ja]嶋本研究室
タイトルとURLをコピーしました